接骨院とは

接骨院(せっこついん)とは、柔道整復師柔道整復術を行う施術所整骨院ほねつぎとも呼ばれる。広く用いられている接骨院、整骨院、ほねつぎ等の柔道整復師法に基づく正式な名称は「柔道整復師施術所」である。 国家資格 柔道整復師 免許取得者が治療にあたる。

 

主な業務

捻挫打撲骨折脱臼の治療及び診断書の発行など。
骨折・脱臼については応急手当の場合を除き、口頭でよいので医師の同意(整形外科・外科等でなくてもよい)が必要。
また、医師が既に治療している場合でも接骨院で応急手当をすることができ、同意さえあればその後も治療を行うことができる。

上記の4疾患(急性又は亜急性の外傷性のもの)については、健康保険労災保険、交通事故の際には自賠責保険等が適用される。ただし、医師の診断による慢性の腰痛、肩こりに対しての施術(診断の後に受傷したものを除く)や、骨盤矯正、慰労マッサージ等、業務範囲でない疾患には健康保険は適用されない。

肩関節脱臼、顎関節脱臼、肋骨骨折や肘内障、例えば転倒打撲やスポーツでの捻挫、重い物を持った時に生じた腰痛や肉離れなどである。

治療は院内で行う他、往診によるものもある。往診料算定は下肢の骨折・不全骨折、股関節脱臼、腰部捻挫による歩行困難など、真に安静をやむを得ない場合に限る。

 

鍼灸院とは

鍼灸師(しんきゅうし、: Practitioner in acupuncture and moxibustion, Acupuncturist and moxa‐cauterizer)は、 東洋医学或いは西洋医学の鍼灸治療を生業としている者、もしくは、はり師およびきゅう師国家資格を所持している者を指す。はり師ときゅう師は別の国家資格であるが、同じ鍼灸師養成施設で単位を取得することで両者を受験できる。 鍼灸師という名称は、現在の法制度上では存在しない。

はり師(はりし、英: Acupuncturist)は、あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律によるはり師国家試験に合格した者をいい、きゆう師(きゆうし、英: Moxibutionist)は、「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」によるきゆう師国家試験に合格した者をいう。